お任せ!ダイレクトメール徹底活用

トップ > ダイレクトメールについて > ダイレクトメールを活用する際に必要なこと

ダイレクトメールを活用する際に必要なこと

 ダイレクトメールを日常の営業を活用する上で、顧客の名前や住所などの情報を蓄積させることができない企業は、改めて顧客の住所などを回収する必要があります。
そのために新たに買い物などで活用できるポイントカードを作成したり、会員限定で特典を提供するなど、様々な方法で顧客情報を回収していく必要があります。
他にも買い物の会計などでクーポンを今後発行できるように顧客にサービスの登録を行ってもらったり、ビジネスに活かせるアンケート記入などを行ってもらうと情報を集めやすいです。
情報を取得する際には項目を少なくして、より重要な情報を際立たせていくようにしましょう。
本当に必要な情報だけ顧客へ記入してもらって、販売促進に活かせるダイレクトメールを送付できるように対応していくといいでしょう。

 リストがダイレクトメールを送付できるほど集まってきた時に、次にセグメントを行って仕分けていきます。
セグメントは性別や年齢、さらに住所や職業などといったジャンルで分けていきますが、ダイレクトメールに活かす時には購入頻度も重要なポイントです。
購入履歴が直前にあったり、来店した際に買い物する金額が数千円から1万円単位になる時と、年間10万以上の買い物をしている時にはダイレクトメールを使い分けることもできます。
このように購入頻度だけでなく、度合などで顧客リストを分けるとダイレクトメールをより活用することができるでしょう。
セグメントを分けていくことによって、ダイレクトメールの作成内容を変えることもできるため、コストも下げることが可能です。
特典の変更も可能となるので、ダイレクトメールによって販売促進を行うことができます。

 着実にダイレクトメールを活用し、販売促進に対して効果を上げていくためにセグメント分けを行いますが、誰にどのような特典をつけていくか考える必要があります。
優良顧客ならば、より特別な特典や情報をダイレクトメールに付けると効果が高いです。
商品の案内やカタログを直接送付することができるのがダイレクトメールの魅力ですが、個人や法人へ送付することができます。
そしてダイレクトメールから顧客の商品購買意欲を高めていき、徐々にリピート率をアップさせるようにしましょう。
また見込みとして考えている顧客を新規顧客とするため、ダイレクトメールが効果を発揮します。
見込み客は資料請求などを行い住所などの情報提供を行っているため、チラシと比較してもダイレクトメールの効果は高いです。
しかし作成する際にはコストがかかってしまうので、財務状況も考えながら決めていきましょう。

次の記事へ

上へ戻る