お任せ!ダイレクトメール徹底活用

トップ > ダイレクトメールについて > ダイレクトメールを活用して販売促進

ダイレクトメールを活用して販売促進

 業者へ依頼をしてから実際にダイレクトメールが発送可能な状態まで、非常に手間がかかると考えている人が多いです。
しかし実際に利用すると販売促進に効果的で、多くの企業で活用しています。
どうしても手間がかかってしまうように見えてしまいますが、ダイレクトメールはリピーターを獲得する確率をアップさせていきます。
そして広告などと比較しても、費用対効果が高い手法となっています。
最初にダイレクトメールを送付する既存顧客をまとめ、リスト作りを行わなければなりません。
チラシや新聞の折り込み広告以上に作成する必要があるため、ダイレクトメールはコストが大幅に高くなってしまうこともあります。
したがって新規顧客ではダイレクトメールを活用せず、リピート率をアップさせるために活用されるケースが多いです。
既存顧客に対して活用することによって、費用対効果を上げることができます。

 このダイレクトメールを活用すると効果の高い業界は色々とありますが、リピート率が求められる業界には重宝します。
業界としては様々な格安商品を販売している通販業界が代表的で、商品を一度購入すると、お客はリピートしやすいといわれています。
その確率をダイレクトメールによって高めることができるため、多くの通販を提供する企業ではダイレクトメールを取り入れています。
売り上げに直結するほどダイレクトメールは影響をもたらしますが、リピート率をアップさせるために種類も豊富です。
常に商品を購入している重要顧客だけでなく、これから新たに開拓したい顧客、さらに長い間利用していない休眠客などに対して、それぞれダイレクトメールを送る企業も存在しています。
その他にも理美容院などは何度も来れるように、リピート率をアップさせるためにダイレクトメールを使っています。

 他にも販売促進に活用できるのがイベントや展示会などを企画し開催している業界で、優待顧客へイベントなどで活用できるクーポンを特別につけたい時にダイレクトメールが活用されます。
提供するイベントもしくは提供している商品を売り込みたい時に、詳細をダイレクトメールへ記載するケースが多いです。
来場した時にはプレゼントなどの特典を提供できるように配慮することもできるので、企業にとっては活用しやすいツールとなっています。
イベントは来場率が非常に重要なので、通知を行う上でもダイレクトメールは非常に重要です。
リストの集め方としてはダイレクトメールを送付する際に必要な住所は最低限知っておかなければなりません。
商品などを販売していても名前や住所など、色々な情報がたまるので管理に注意しながらダイレクトメールへ活かしましょう。

上へ戻る