お任せ!ダイレクトメール徹底活用

トップ > ダイレクトメールについて > ダイレクトメールを使用するときのメリットとデメリットは

ダイレクトメールを使用するときのメリットとデメリットは

 ダイレクトメールは顧客に対していろんな商品やサービスを詳細に知ってもらうための広告宣伝の1つです。
このダイレクトメールは郵送物に加えてファックスやインターネットメールなど様々な種類に分類されます。
しかしいずれにしても新聞に折り込まれる広告と違うのは、郵送物の場合は相手の住所や名前を知っていること、ファックスの場合は相手の電話番号を知ってること、インターネットメールの場合は相手のメールアドレスを知ってないと実現できません。
この3種類のうちでもっともコストが高くつくのが郵送物で、その次にファックス、そしてインターネットメールとなります。
けどこの3種類のやり方ではそれぞれ一長一短があるため、誰でも同じ手段を利用できるとは限りません。
まずインターネットメールの場合は送信コストの点で最も安価ですが、相手がインターネットできる環境の人で、メールを使用してる人しか使えません。

 しかもインターネットメールの場合は実在する企業を語ったスパムメールなどの犯罪が多発してるため、警戒する人も多くてなかなか中身を見てもらえないまま破棄される可能性も高くなっています。
一方でファックスの場合は相手にファックス受信機がないと成立しないですが、個人宅ではファックスが普及してないので、会社や法人や個人自営業相手しか使えません。
しかし現在では法律改正で相手の承諾を得ないと広告配信できない仕組みになりました。
そのためこの方法も幅広く多くの相手に使用できなくなっています。
となると残りは郵送物しかないですが、これも今の時代は個人情報などで警戒する人が多いので、円満に見てもらえるならば、一度でもそこの会社のサービスを利用した場合に限られることになります。
というのはそこの会社のサービスを利用する際に連絡先として住所など個人情報を記入するわけですが、これは同意したうえで記入したものとみなされるからです。

 逆に一度も利用してないのに送り届けられた郵送物はどこから個人情報を仕入れたかとなり、不信感を持たれる結果となり開封して中身を見てもらえない可能性が高くなってしまいます。
その一度でもサービス利用したことのある会社からの郵送ダイレクトメールはお金がかかるものの、インターネットメールなどと違って開封しても害はありません。
これの利点はこれを利用してお買い物などをしてくれることで、反応率がいかほどかを確認することができます。
また買い物してくれた場合にどんな人がどんな商品をどのくらいの金額で購入したかなどの詳細なデータベースを構築することができます。
それによってどんな商品が売れそうかなどの傾向をつかむことができ、今後の商品やサービス販売する際の基礎的資料として貢献することが可能となります。

次の記事へ

上へ戻る